上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先に・・・
 BBSのレスが遅れています
 必ずお返事しますので、しばらくお待ちくださいね(*・人・*) ♪


 10月11日追記

 先日の記事のお返事はしたのですが、BBSなので順番が見辛くなってま す

 この記事に頂いたレスはまだですが、
 とってもうれしいかった
 かわいい写真で応援してもらったり、
 うれしくて何回もみちゃいました
 すごくすごく励まされてます 
 どうもありがとう
 お返事は金曜日中には出来ると思います

 いつも本当にありがとう<(_ _)>









★※☆※★※☆※★※☆※★★※☆※★※☆※★※☆※★★※☆※★※☆※★※☆※★




突然ですが
メル、来週の水曜日に左膝の手術をする事になりました







少し、真面目で難しい話だけど・・・
IMG_4635.jpg

今日はあまりブログで書いてなかったメルの足の事を・・・






メルの左後ろ足は、仔犬の時からふとした時
かばう様な動きが見られました
スキップするような走り方をしたり・・・
いつもではないんですけどね





先生にも随分前から相談してたのですが、
プードルには関節の弱いコも多いし、
診察した状態では様子をみてもよいのではとの事でした







でも、最近毎日のように
左後ろ足をかばって3本足で歩いたり、
先日のブログでも足が弱くてと、書いてましたが
その日はキャンと鳴いて、しばらく歩けなくなったリと、
症状が悪化していたのです




で・・・
今日もう1度診察に行ってきました







その結果、
膝蓋骨を周りの靭帯が支えられない&膝蓋骨を受ける為の溝が浅い事により起こる
膝蓋骨内方脱臼を起こしやすい状態になっている事がわかりました
プードルには多い病気です







以前からこの事は言われていたのですが、
症状が急に増悪している事、
放っておいても治癒する事はなく、逆に放置する事で、
脱臼が戻らなくなり、骨の変位も起こるかもしれないとの説明をうけ、
手術を受ける事に決めました
対応が遅れた事で、今後、メルが走れなくなったりしたら
ずっと後悔するものね・・・








ただ、この病気は1度手術をしたら必ずよくなるかと言えば、
そうはいい切れないところがあり、
伸びた靭帯を短く切除して膝蓋骨をずれないようにしても、
また伸びて、ずれるリスクや、
膝蓋骨を受ける溝を深くしても外れる事もあるとの事で、
繰り返しの手術になる場合もあるという事です
なので、先生は積極的には薦められないと、話していましたが、
このままにしておいても、良くなる事はないし、最近のメルの症状は急激に悪くなっているように感じるので
手術を決めてきました



信頼している病院なのでおまかせしようと思います






来週の手術後は3~4日の入院予定です




きっと1回の手術で良くなるよね(*^-^)






IMG_cocona.jpg

またココナと一緒にヒャッホーしたいもんね









頑張れ!



メル!!!



IMG_4678.jpg

また元気で走る姿をブログにアップしたいので、
どうか、メルの手術がうまくいくように応援して下さいね









あっ・・・心配かけたらいけないので、

メル、ずっと痛がってるわけでもなく、歩いたり、走ったりも、調子の良い時はできますよ~
今は少し安静が必要なんだけどね・・・
とっても元気です(・-・*)♪
いつもの公園にお散歩にも出かけますよ~
半分抱っこだけど・・・









メル、手術なんてなんてことないよ~!と、
励ましのぽちっと、お願いしま~す(^-^)
banner
いつもありがとう










コメントはこちらから
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。